音舞とは?

◆民族舞踊団音舞(みんぞくぶようだん・おんぶ)とは?

名古屋大学を中心とした踊りや太鼓が
大好きな大学生のサークルです☆

中心というだけで,もちろん他大生もいて,
名工・南山などなど…
人の輪がとても広がります♪
出身地も北は北海道,南は鹿児島までいるし
皆個性的だし,すごく楽しいメンバーで構成されています☆

◆成り立ち

1973年に音舞は誕生しました!!
名古屋大学の学生サークル『劇団新生』の中に
1964年『音楽舞踊部門』が作られこれが独立してできました。
音舞と言うのは『音楽舞踊部門』から
二文字取り出してできた名前です。

◆活動内容・特徴

日本の伝統的な踊りや和太鼓・お囃子を練習しています☆
日本の民族舞踊と言うと日舞のような優雅な踊りを思い浮かべる方が多いのですが、 もっとこう現地に根ざした…というか盆踊りに近いものを想像していただけると分かりやすいと思います。

現地のものを保存しているわけではなく、
年々指導者好みの踊りに少しずつ変化したりもしているので、
音舞独自の演目が多数あります。

踊りだけではなく、人と人のつながりを大切にしているのも
音舞の特徴と言えるかもしれません。
1人1人を大切にするからこそ,みんなで作る練習を目標としています
運動量ははんぱないので,部活に近いかもしれませんね(笑)

自分達で全ての運営をしているので本当に苦労も絶えないのですが、
お祭に魅了された人、
新しい世界を求めてきた人、
人間関係を大切にしたい人、
とにかく騒ぎたい人、
みんなが協力しあって一つになって頑張っています☆