名古屋大学が保有している機体の紹介です

Alexander Schleiher
ASK 21

No. JA21ND
Span 17m (55.77 ft)
Wing Area 17.95㎡ (193.21sqft)
Aspect Ratio 16.1
Max Speed 280 km/h (151kt)
Min. Speed 65 km/h (35ks)
Maneuvering Speed 180 km/h (97 kt)
Min. Sink 0.65 m/s (128 ft/min)
Glide Ratio 34
Empty mass 360 kg (794 lbs)
2005年に導入され、『遙(はるか)』と命名されたドイツのアレキサンダー・シュライハー社製の機体。 UVカットのブルーキャノピーを装備し、パイロットのお肌にやさしい機体である。VHF、トランスポンダ、フライトコンピューターといった普通以上の数の計器がついているため、 初めて乗るパイロットは計器の多さに度肝を抜かれるらしい。入部した1年生はまずこの機体に乗って練習することになる。 操縦性は素直かつ穏便。機体の文字は名大カラーの濃緑を意識したものらしい。



Schempp-Hirth
Discus b


No. JA97ND
Span 15.00m (49.21ft)
Wing Area 10.58㎡ (113.88sqft)
Aspect Ratio 21.3
Max Speed 250 km/h (135kt)
Min. Speed 66 km/h (36kt)
Maneuvering Speed 200 km/h (108kt)
Min. Sink 0.59 m/s (116 ft/min)
Glide Ratio 42.5
Empty mass 245.09 kg
97年に導入された古屋大学のィスカスということで『97ND』。名前は『翔遙(しょうよう)』。この機体に乗ることに憧れて入部した人もいるほどカッコよく、同時に美しい機体である。 酷使した結果クラックが目立つようになったため、2008年にポーランドに送ってリペイントを行った。 普段飛ぶときはウィングレットを装着しており、つけた方がカッコいい。 全国大会等の大会では名大の切り札ともなる機体である。